読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru-papaのブログ

主に、ソフトウェア開発に関連したメモを書き溜めたいと思います。

Uruma ことはじめ

先日、GUIを手軽に作ることを目的とした、UrumaというOSSを見つけました。面白そうだったので、少しさわってみました。

次のようにして、初めて、Urumaを使用したアプリケーションを作成しました。作成したのは、簡単なウインドウが1つ表示されるだけのものです。

1.Eclipse上でJavaプロジェクトを作成しました。

2.次のアーカイブファイルをビルドパスに追加しました。

uruma-0.2.0.jar
commons-logging-1.1.jar
jface-3.3.0.jar
log4j-1.2.13.jar
swt-win32-win32-x86-3.3.0.jar
s2-framework-2.4.18-rc2.jar
ognl-2.6.9-patch-20070908.jar
javassist-3.4.ga.jar
aopalliance-1.0.jar
equinox-common-3.3.0.jar
geronimo-j2ee_1.4_spec-1.0.jar
s2-dao-1.0.46.jar
s2-extension-2.4.18-rc2.jar
s2-tiger-2.4.18-rc2.jar
core-commands-3.3.0.jar

3./src/resourcesフォルダを作成し、直下に、app.diconファイルを作成します。/src/resourcesにはクラスパスを通しておきます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container 2.3//EN"
	"http://www.seasar.org/dtd/components23.dtd">
<components>
	<component class="org.seasar.uruma.example.a01.A01Action" />
</components>

4./src/resourcesの直下に、urumaImages.propertiesファイルを作成します。特に設定するものはないので空ファイルです。
ファイルがないとエラー終了するので、ファイル自体は必要でした。

5./src/resourcesに、org/seasar/uruma/example/a01フォルダを作成し、A01.xmlファイルを作成しました。このファイルには画面デザインを記述します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<template xmlns="http://uruma.sandbox.seasar.org">
  <window id="a01" title="初めてのUruma">
  </window>
</template>

6./src/javaフォルダを作成し、org/seasar/uruma/example/a01フォルダを作成し、A01.javaファイルを作成しました。このファイルは、アプリケーション起動用のファイルです。/src/javaにはクラスパスを通しておきます。

package org.seasar.uruma.example.a01;

import org.seasar.uruma.core.StandAloneUrumaStarter;

public class A01 {
	public static void main(final String[] args) {
		StandAloneUrumaStarter starter = StandAloneUrumaStarter.getInstance();
		starter.openWindow("org/seasar/uruma/example/a01/A01.xml");
	}
}

7.A01.javaファイルと同じフォルダに、A01Action.javaファイルを作成しました。このファイルは、画面の動作を記述するものです。

package org.seasar.uruma.example.a01;

import org.seasar.framework.container.annotation.tiger.Component;

@Component(name = "a01Action")
public class A01Action {
}

8.A01.javaを実行して、ウインドウが表示されるのを確認しました。

動作環境

OS: Windows XP
Eclipse Version: 3.3
Java Version: 1.6
Uruma Version: 0.2