読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru-papaのブログ

主に、ソフトウェア開発に関連したメモを書き溜めたいと思います。

Tracでタスク管理(3)

引き続き、Trac Lightningによるタスク管理で実践したことを書きます。

タスク管理の際、工数も管理したいと思いましたので、チケットごとに工数を保存し、サマリー情報を表示するプラグインTimingAndEstimation、TracBurndownを追加しました。

TimingAndEstimationプラグイン

次のURLからアーカイブファイルをダウンロードしました。

次のコマンドを実行しましたがエラーが発生しました。

実行コマンド

cd timingandestimationplugin\branches\trac0.11
python setup.py install

エラーメッセージ

'import site' failed; use -v for traceback

試行錯誤した結果、実行時に使っているpythonが悪かったようです。私の環境には、Cygwinが入っており、そちらのpythonの環境で動作していたため、必要なライブラリ類がなくてエラーとなったようです。環境変数PATHからCygwinのパスを削除して、再度実行するとTracLightningのpythonが使用され、上記コマンドが正常終了しました。

別の方法として、スタートメニューから[すべてのプログラム]→[Trac]→[コマンドプロンプト]を選択して開くコマンドプロンプトでは、適切な環境変数が設定されているので、こちらを使用すれば問題は起きなかったようです。

Apacheを再起動し、Tracへ反映します。

ブラウザから、Tracを表示します。管理メニューを選び、管理コンソールを表示し、管理コンソールのプラグインを選択し、表示されるプラグイン一覧にtimingandestimationが現れました。timingandestimationをクリックすると各コンポーネントを有効化するチェックボックスが現れるので、全て有効にして変更適用ボタンを押しました。

するとTracのページが表示されなくなるようです。C:\TracLight\bin\upgrade.batを実行して環境を更新すると直りました。(プラグインを有効にしたら、upgrade.batを実行するお決まりなのかな・・・)

ブラウザから、既存のチケットや新規のチケットを見ると、工数関連の項目が4つ追加されていました。ただし、英語でした。

日本語表示にするため、次のファイルの「ticket-custom」ブロックの「〜.label」部分の設定値を日本語にしました。

C:\TracLight\projects\trac\<対象プロジェクト>\conf

変更後の内容は、再起動や再ログインなどしなくても反映されるようです。

参考にしたサイト

TracBurndownプラグインのインストール

次のページから、TracBurndown-1.9-py2.5.eggをダウンロードしました。

Tracの管理画面から、プラグインをアップロードしました。すんなりと使えるようになりました。

上記手順で簡単にインストールできたのですが、上記手順がわかるまでは次のように悩んでしまいました。

次のページ通りインストール

上記ページのようにTracBurndown-01.08.10-py2.5.eggをC:\TracLight\python\Lib\site-packagesをコピーし、Apacheを再起動したのですが、Tracの管理画面にTracBurndownが表示されませんでした。

Tracの管理画面にあるプラグインパッケージのアップロード機能を使用すると、管理画面にTracBurndownが表示されるようになりました。

TracBurndownのコンポーネントを有効化し、upgrade.batを実行しました。
・・・すると、ブラウザでTracを表示すると、次のようなエラーがでるようになってしまいました。

〜省略〜
LookupError: unknown encoding: /trac/nemoto/burndown

次のページによると、TracBurndownプラグインがGenshi ver5にまだ対応していないのが原因らしい。よくわからないけど・・・

TracBurndownプラグインのサイトを見ると、バージョンアップしたアーカイブがありましたので、まず、これを使ってみることにしました。

まずは、すでにインストールしたTracBurndownプラグインをアンインストールします。

easy_install -m tracburndown

次のファイルを削除します。

C:\TracLight\python\Lib\site-packages\TracBurndown-01.08.10-py2.5.egg

次のファイルを編集します。

C:\TracLight\projects\trac\nemoto\conf\trac.ini

次の記述を削除します。

burndown.burndown.burndowncomponent = enabled

Apacheを再起動します。

これで削除できるはずですが、なぜか削除出来ていませんでした。色々試してみましたが、なぜか削除出来なかったのですが、Windowsを再起動すると削除されていました。

動作確認環境