読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru-papaのブログ

主に、ソフトウェア開発に関連したメモを書き溜めたいと思います。

ステータスバーのアイコン/通知ウインドウのテキストを動的に切り替える方法

いくつかのアプリを使っていると、ステータスバーのアイコンが動的に切り替わっているものがありました。どのように実装しているのでしょう?私も作ってみました。

概要


こんな画面イメージのものを作りました。まずは、ノーティフィケーション初期表示時のイメージです。星型のアイコンが表示されています。


ノーティフィケーションのアイコンを動的に切り替えた所です。


通知ウインドウを表示したところです。タイトルと概要の末尾の数字は、動的に変更させています。

作業の流れ

  1. 複数の画像を用意する
  2. 上記画像をまとめるXMLを作成する
  3. ノーティフィケーションを表示する
  4. 上記で作成したノーティフィケーションを適宜切り替える

XML

プロジェクトの/res/drawableに任意の名前で、下記のようなXMLファイルを作成しました。ここでは、level_list.xmlというファイル名にしました。
※maxLevelには整数値のみ設定できるようです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<level-list xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
	<item android:maxLevel="0" android:drawable="@drawable/star_big_on" />
	<item android:maxLevel="1" android:drawable="@drawable/creep001" />
	<item android:maxLevel="2" android:drawable="@drawable/creep002" />
	<item android:maxLevel="3" android:drawable="@drawable/creep003" />
	<item android:maxLevel="4" android:drawable="@drawable/creep004" />
	<item android:maxLevel="5" android:drawable="@drawable/creep005" />
	<item android:maxLevel="6" android:drawable="@drawable/creep006" />
	<item android:maxLevel="7" android:drawable="@drawable/creep007" />
	<item android:maxLevel="8" android:drawable="@drawable/creep008" />
</level-list>

ノーティフィケーション作成・表示

ノーティフィケーションを作成し、表示します。ポイントは、次です。

  • Notificationオブジェクト作成時に渡すアイコンとして、上述したXML(R.drawable.level_list)を指定する。
  • NotificationManager#notify()呼び出し時のノーティフィケーションIDは後で使えるように保持している。
    // 通知ウインドウをクリックした際に起動するインテント
    Intent intent = new Intent(this, this.getClass());
    PendingIntent pendingIntent = PendingIntent.getActivity(this, 0,
        intent, 0);

    // ステータスバー通知の設定
    notification = new Notification(R.drawable.level_list,
        "Notificationテストです", System.currentTimeMillis());
    notification.iconLevel = 0;

    // 通知ウインドウのメッセージ
    notification.setLatestEventInfo(this, "NotificationActivity",
        "Notificationテスト", pendingIntent);

    // ノーティフィケーション通知
    ((NotificationManager) getSystemService(Context.NOTIFICATION_SERVICE))
        .notify(notificationId, notification);

ノーティフィケーション切り替え

先ほどと同様に、NotificationManager#notify()を呼び出して、通知を行います。ポイントは次です。

  • Notification#iconLevelに、上述XMLのmaxLevelの値を動的に設定する。下記の例では、増減が1つずつですが、もちろん色々な値を設定可能です。XMLのmaxLevelの最大値よりも大きな値を設定すると、アイコンが表示されなくなります。マイナス値を設定しても表示されなくなります。
  • NotificationManager#notify()に渡すノーティフィケーションIDは、前回と同じ。
    notification.iconLevel++;
    notification.iconLevel--;
      notification.setLatestEventInfo(this, "NotificationActivity "
          + notification.iconLevel, "Notificationテスト "
          + notification.iconLevel, notification.contentIntent);
      ((NotificationManager) getSystemService(Context.NOTIFICATION_SERVICE))
          .notify(notificationId, notification);

動作確認環境