読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru-papaのブログ

主に、ソフトウェア開発に関連したメモを書き溜めたいと思います。

Windows標準機能だけで文字列置換できた!

Windows バッチファイル

まったく予期していなかったのですが、Windows標準機能だけで、テキストファイルの文字列置換を行えるのですね。びっくりです。

次の2つのサイトが非常に参考になりました。

knowledge.reontosanta.com
blogs.yahoo.co.jp

私が書いたWindowsバッチファイル(StringConverter.bat)は、次のようになりました。

@echo off
set basedir=%~dp0
set basename=%~n0
set batname=%~n0%~x0
set datestr=%DATE:/=%
set timestrtmp=%TIME: =0%
set timestr=%timestrtmp:~0,2%%timestrtmp:~3,2%%timestrtmp:~6,2%
set timestamp=%datestr%-%timestr%

:INIT
if "%1"=="/?" (
  echo 使い方:%batname% 入力ファイル 出力ファイル 置換前文字列 置換後文字列
  exit /b 0
)
if "%4"=="" (
  echo 引数の数が不正です。
  goto ERROR
)
set inpath=%1
set outpath=%2
set before=%3
set after=%4

:MAIN
call :LOG 処理開始します。


type nul > %outpath%
setlocal enabledelayedexpansion
for /f "tokens=1* delims=: eol=" %%a in ('findstr /n "^" %inpath%') do (
  set line=%%b
  if not "!line!" == "" (
    set line=!line:%before%=%after%!
  )
  echo.!line!>> %outpath%
)
endlocal


:END
call :LOG 正常終了です。
exit /b 0

:ERROR
call :LOG 異常終了です。
exit /b 1

:LOG
echo %DATE% %TIME% %basename% %1
exit /b 0

:EOF

このWindowsバッチファイルは、次のように実行します。

StringConverter.bat 入力ファイル 出力ファイル 置換前文字列 置換後文字列

入力ファイルのサンプルです。

サンプルデータです。
ShiftJIS、CRLFで記述されています。

空白区切り:カラム1 カラム2 カラム3
カンマ区切り:カラム1,カラム2,カラム3
タブ区切り:カラム1 カラム2 カラム3

;セミコロンで始まる行

バッチ実行後の出力ファイルは、次のようになりました。

サンプルデータです。
ShiftJIS、CRLFで記述されています。

空白区切り:column1 column2 column3
カンマ区切り:column1,column2,column3
タブ区切り:column1 column2 column3

;セミコロンで始まる行